βーグルカンには制ガン作用もあります。

βーグルカンは、免疫作用をつかさどる成分として有名です。

特に、ガン細胞の増殖を抑える効果があるとして、
知られています。
また、細胞のガン化を予防したり、ガン細胞自体を縮小させる働きがあり、
シイタケ菌糸体を飲み始めて

手術は無理と言われたガン細胞が小さくなりました!
余命宣告されたのに、ガンが消えてしまいました!!

という報告がよくあるのは
このシイタケ菌糸体にたっぷりと、βーグルカンの成分が
含まれているからです。

昔からキノコ類は、悪性の腫瘍にきくのではないかと
言われていましたが、実際成分を分析していくと、そうした有効成分が
発見されていますが、
昔の人は、体験的に見つけ出していたんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする