ウイルス性肝炎のお医者さんからの生活指導

ウイルス性肝炎の方でシイタケ菌糸体を
飲んでいる人はたくさんいらっしゃいます。

シイタケ自体が肝臓に効果があるした
きちんとした研究成果が出ており、
たくさんの方の数値が改善しています。

ただ、ウイルス性肝炎の患者さんには基本的な生活もとても大事です。
今回は、お医者さんからの生活指導の4つのポイントを紹介します。

第一が「睡眠」

これは体力と免疫力の強化につながります。
人間の細胞は基本的に夜に作られます。

美容もそうなんですが、
健康も睡眠が大事です。

睡眠時間は6時間以上を目安にしましょう。

第二が「食べ物」

これも基本でう。
どんなに良い自動車でも、ガソリンが悪ければ
走りません。人間の体も同じです。

食べ物は5大栄養素がベースになります。
これで、丈夫な肝臓や免疫を作ります。

人間オン修理に必要なのが栄養です。

第三が「運動」

ウイルス性肝炎の患者さんは「安静」が一番と言いますが、
じっとしてばかりいるというのは良くない。

血のめぐりも悪くなるし、
身体もおかしくなってきます。
じっとしてばっかりではなく、適度な運動が必要です。

第四が「ストレス」

一言でいうと、ストレスがかかると免疫を抑える作用をもつ物質が
体内にできる。だからストレスはよくないということになります。

適度なストレスはいいんですが、
長くためこむことはいけません。

くよくよしちゃだめというのはそこです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする