シイタケ菌糸体とは椎茸のお母さんのようなもの

シイタケ菌糸体とは???

簡単に言うと、椎茸のお母さんのようなものです。
椎茸は胞子を飛ばして子孫を増やします。
その傘の裏から飛び出した胞子から椎茸ができて
私たちはそのキノコの部分を食べます。

その菌の部分。
目に見えないところがシイタケ菌糸体です。

ちなみに私たちが食べている椎茸にはたくさんの
栄養があると言われていて、健康目的で食べている人も
中にはいらっしゃいますが、実はこの食べているきのこの部分
お猿さんは食べないって知ってましたか?

シイタケ菌糸体

お猿さんは、下の足の部分を食べるのだそうです。
知ってるんですね。そっちの方に栄養がたくさん入っているということを。

そうなんです、根に近ければ近いほどたくさんの栄養が凝縮されていきます。
お猿さんは、それをよく知っているわけです。
では、根の中の菌の部分は?

そうです。菌の部分は椎茸とは比べものにならないぐらい
さらにたくさんの栄養が含まれています。

その栄養を効率よくとりたい!

そんな思いからシイタケ菌糸体エキスはできたんです!

▶︎ 吸収率が抜群のほかとは違うシイタケ菌糸体

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする