シイタケ菌糸体 ガン予防

最近のがん研究では、がんになると、本来がんを殺す働きをする
「免疫機能」が”無力化”してしまう異常が増えていることがわかっています。

というのも、もともと人間には「免疫細胞」と「免疫抑制細胞」があります。

免疫細胞は、がんの転移や増殖を防ぐ働きをしてくれます。
一方で免疫抑制細胞は、免疫細胞の暴走を抑えるための働きをしています。

問題は、正常時でも一定量存在する免疫抑制細胞が、
がんになると異常に増えることで、がん細胞を免疫細胞の攻撃から
守る状況(免疫機能が無力化)が起きていることです。

免疫機能が無力化された状態では、
いくら免疫細胞を増やす治療を施しても(免疫細胞を活性化しても)、
免疫抑制細胞が、がん細胞への攻撃をバリアするため、
免疫が、がん細胞に働きません。

この免疫抑制細胞の働き(がんのバリア機能)をどうするか?
をテーマに、最近ではさまざまな研究が積極的に行われている。

そんななか注目されているのが、シイタケ菌糸体です。
これは、シイタケ菌糸体によって免疫抑制細胞を減らす作用があります。

研究では、『シイタケ菌糸体』は、増えすぎた免疫抑制細胞を減らすことで、
がんのバリア機能を弱め、免疫細胞ががん細胞を攻撃しやすくし、
免疫力が高まることがわかっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする