シイタケ菌糸体 ガン治療にも使われています

シイタケ菌糸体は免疫力をあげるという点で
ガン治療に薬と併用して使われます。

B型肝炎

というのも、ガン治療のときに一緒に使うと
薬の副作用が少なくなるばかりか、自分の免疫力で
ガンと闘ってくれるからです。

そもそもそ、そのシイタケ菌糸体は何かというと、
私たちが食べているシイタケの根にあたる部分です。

正確に言うと「根」ではなく菌なのですが、
シイタケを始めキノコは、もともと菌からできます。

菌が木をつきやぶってできるんです。
それだけでもシイタケの強さがわかります。

そのシイタケは、日本で、抗ガン研究されてきた食品成分の一つです。

1985年には、椎茸から抽出された「レンチナン」という成分が
「免疫力を高めて癌を抑える」医薬品として、厚生労働省から認可されています。

その後、さらに「シイタケ菌糸体」の研究が進められ、
癌患者を対象とした臨床研究は複数実施されていて実際
有用性を示唆している報告もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする