医療現場でも注目されているシイタケ菌糸体

シイタケ菌糸体は、医療現場でも注目されています。

B型肝炎

実際、シイタケ菌糸体の薬理効果にはたくさんの
研究機関から報告があります。

抗酸化物質であるポリフェノール
抗ガン免疫賦活作用をもつ多糖体といった成分が含まれていて、
抗ウイルス作用もあります。

そのため、インフルエンザはもちろんのこと、
ウイルス性の肝炎にも有効性が認められ
B型・C型肝炎にも効果があったという臨床例もあります。

他にも、インスリン非依存型の糖尿病
ぜんそく、慢性胃炎、神経痛、頭痛、耳なり、めまいなどの
不定愁訴にも有効性があると言われています、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする