C型肝炎とシイタケ菌糸体

シイタケ菌糸体

風邪のような症状が長く続き、異常な倦怠感がとれないので、

不審に思っていました。

そんな時、別の用件で病院に行ったところ、

なんとC型肝炎と診断されてしまったのです。

感染の原因は25年前に交通事故で輸血を受けており、

その際に感染してしまったらしいとのことでした。

その後入院してインターフェロン治療を受けましたが、

なかなか効果が得られず、副作用もひどかったために自宅療養に切り替えましたが、

不安はつのるばかりです。

そんな時にある週刊誌の広告でシイタケ菌糸体エキスを知り、

「ダメで、もともと」という気持ちで早速飲み始めました。

最初は食事もとれない状順だったのが、一週間ほどした頃から食欲もでて、

倦怠感も薄れてきました。

病院の検査でも200を越えていたGOTが70~80に下がり、

9ヶ月後には正常値にまで回復しました。

今もまだ、通院していますが、数値の上昇は見られません。

何よりも自分自身、この病気と闘っていける確かな手応えを感じている毎日です。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする