シイタケ菌糸体が注目されています

シイタケ菌糸体の効果


免疫力を上げてくれるということで、病院でも使われるほど注目されているのがシイタケ菌糸体です。

免疫力アップ以外にもシイタケ菌糸体は、肝臓を元気にしてくれる効果もあり、肝炎の人や二日酔いでお困りの方が飲まれると飲む前との体の違いに驚かれます。

飲まれた方の実感としては、「内側から活力がみなぎってくる感じ」「朝のだるさや疲れが消えた」「寝ても寝てもとれなかった疲れがとれた!」「夕方飲むともうひとふんばりできる!」などなどあります。


シイタケ菌糸体を飲めばしっかりと実感できるので、いろいろと健康食品を試してみて、最終的にシイタケ菌糸体が選ばれる方多いです。

素晴らしい実力があるシイタケ菌糸体ですが、このページでは、いろいろとシイタケ菌糸体の商品がある中、本物ののシイタケ菌糸体を知っていただくため、そしてシイタケ菌糸体に対して不安を払拭してもらうため、シイタケ菌糸体の口コミだけでなく、効果や効能、選び方など基礎知識を紹介しています。


少しでも、シイタケ菌糸体の不安をなくし、自分にあったシイタケ菌糸体を見つけましょう。

シイタケ菌糸体とは

そもそもシイタケ菌糸体自体がよくわからない方、とても多いです。

このシイタケ菌糸体は、別名「シイタケのお母さん」とも呼ばれています。

どうしてそう呼ばれているのかというと、まさに私たちが食べている椎茸の源となる部分で、シイタケ菌糸体がなければ椎茸は生まれてこないから。

シイタケ菌糸体 β-グルカン

栄養面においても、シイタケ菌糸体は、私たちが食べている椎茸とは比べものにならないぐらい豊富に入っています。

特に、最近では、シイタケ菌糸体の持つ高い”免疫促進効果”が注目されています。

というのもシイタケ菌糸体に含まれる成分β-グルカンは癌細胞の増殖を抑制したり、癌細胞を消滅させたりする効果が非常に高いからです。

↓   ↓   ↓
口コミで広まっているシイタケ菌糸体はこちら

シイタケ菌糸体に期待できる効果・効能

シイタケ菌糸体は免疫力を上げてくれる


シイタケ菌糸体は、免疫力を上げることで一目置かれています。

疲れやすかったり、季節の変わり目に病気になりやすかったり、ウイルス性の病気になりやすかったり、少しがんばるとすぐに寝込んでしまうのは免疫力が下がっている証拠です。

免疫力を上げることで、疲れにくい体となり、活力ある毎日を過ごすことができます。

シイタケ菌糸体


特に、ガン手術後の方が免疫力をあげることで再発防止になるための飲まれている方もいらっしゃいます。

シイタケ菌糸体はガンの予防・代替治療にも


シイタケ菌糸体に、免疫バランスを整える効果があることが報告されたほか、抗がん剤の副作用を軽減する効果も期待され、注目が集まっています。


免疫を上げてくれる成分の一つとして挙げられる「β-グルカン」ですがシイタケ菌糸体には、「β-グルカン」以外にも、「α-グルカン」や「アラビノキシラン」などの多様な免疫調整物質も含まれていることがわかっ てきました。


シイタケ菌糸体などの栄養成分は、免疫抑制状態を改善し、がん患者さんの免疫バランスを健常人とほぼ同じ状態に近づけられるということもわかってきています。

シイタケ菌糸体は肝臓を元気にしてくれる

シイタケ菌糸体

シイタケ菌糸体には、肝細胞を保護する作用があります。

実際、シイタケ菌糸体は、薬物性肝障害やアルコール性肝炎、ウィルス性肝炎などの治療研究においてもGOT・GPTの低下、抗体の出現などの効果をあげており、またB型肝炎・C型肝炎への効果も学会などでもたくさん発表されています。

また、アルコールや風邪薬などを服用する際に、肝臓の負担を軽くして不快感を軽くする作用も認められています。

シイタケ菌糸体は抗アレルギー作用も


アレルギー性疾患のメカニズムは、外から入ってくる敵に対して異常に免疫が反応することです。

シイタケ菌糸体は、その過剰に反応している免疫機構を正常化する働きがあると言われています。

シイタケ菌糸体は抗コレステロール作用も期待できる


シイタケ菌糸体には、血管内に付着した余分なコレステロールを取り除く働きがあります。

これにより動脈硬化をはじめ、様々な生活習慣病の予防に最適であるといえます。

シイタケ菌糸体は抗ウィルス作用も!


シイタケ菌糸体の抗ウィルス作用は、ウィルスの増殖を抑制する作用と、ウィルス自体を排除する作用に大きくわけることができます。

この抗ウィルス作用と免疫賦活作用の相乗効果により風邪などをはじめ、ウィルス性肝炎などの疾患に効果を発揮します。

>> 安心のシイタケ菌糸体はこちら

シイタケ菌糸体の副作用について

シイタケ菌糸体は、食物繊維を含んでいるので、胃腸の弱い方はお腹がゆるくなったり、胃の不快感を感じたりすることもまれにあります。

シイタケ菌糸体 飲み方

その場合の対処方法としては、食事をしてからシイタケ菌糸体を飲んだり、乳製品と一緒に飲んだりすることでその症状を避けることができます。

しかし、少しでも体調に異変を感じた場合は、無理せず摂取を中止して医師に相談しましょう。

シイタケ菌糸体の選び方

シイタケ菌糸体の選び方① 培地の栄養

シイタケ菌糸体は、土壌(培地)から栄養を吸収していくことでシイタケ菌糸体自身の栄養となります。つまり、培地にしっかりとした栄養がなければ、吸収することができません。


最近は、栄養がないスカスカな培地で作っていることもあります。育てていく環境が何より基本です。

栄養豊富で、安全な培地ですときちんと表記されているもの。

そして、しっかりと栽培工程が写真などで表示されているところを選びたいものです。

シイタケ菌糸体の選び方② 栽培方法

無理やり成長させたシイタケ菌糸体と、時間をかけてしっかりと成長させたシイタケ菌糸体とでは、シイタケ菌糸体を飲んだ後の実感が全く違ってきます。

体のことを考えたら、時間をかけて作られているシイタケ菌糸体の方が断然いいです。

シイタケ菌糸体の選び方③ 吸収率

今は、薬品で菌糸体を溶かしてシイタケ菌糸体として商品にしているところもありますが、体への吸収で考えるとあまりいいとは言えません。

どんなに栄養があるものでも、吸収できなければただ、排泄されるだけでもったいないです。

体への吸収にこだわっている商品だと飲んでみて体の変化や、実感もしやすいです。

>>  今選ばれているシイタケ菌糸体

シイタケ菌糸体についてQ&A

椎茸とシイタケ菌糸体はどう違いますか?

普段私たちが、目にするのは椎茸=きのこの傘の部分です。

そのシイタケの源となっているのが、シイタケ菌糸体で、実際に見ることはできません。

その部分をしっかりと培養させて栄養の部分だけ取り出したものがシイタケ菌糸体です。


椎茸の栄養であれば椎茸をたくさん食べてればいいですか?

椎茸にもたくさんの栄養が含まれていますが、シイタケ菌糸体には、椎茸の栄養が比較にならないほどギュッとつまっています。

例えば、鉄分が椎茸の100倍、カルシウムが110倍などです。

また、免疫力を上げる成分として有名なβ-グルカンも豊富に含まれています。

それだけの栄養を椎茸からとるのはとても難しいです。ぜひシイタケ菌糸体を活用したいですね。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする