シイタケ菌糸体エキスとは?

シイタケ菌糸体とは?

・ シイタケ菌糸体とはどんなものなのか?
・ シイタケ菌糸体と椎茸は同じもの?
・ シイタケ菌糸体はなににいいの?

ここではそんな疑問にお答えします。

シイタケ菌糸体は、椎茸のお母さん的存在です。

シイタケ菌糸体

私たちが食べている椎茸は、傘の部分です。これを子実体と言います。

そしてその子実体を形成しているのがシイタケ菌糸体です。

椎茸そのものにも、確かに栄養がたくさん含まれていますが、シイタケ菌糸体は椎茸とは比べ物にならないような有効な栄養が入っています。その栄養は椎茸をどれだけ食べてもシイタケ菌糸体にはかないません。

例えば、100g中の含有量を調べた場合、子実体(私たちが食べている椎茸)1に対して、シイタケ菌糸体になると

・ 糖質8倍
・ タンパク質14倍
・ 鉄分100倍
・ カルシウム110倍

と桁違いです。

さらに注目したいのが、ビタミンDです。

シイタケ菌糸体にはビタミンDがたっぷり

ここ最近一番注目されているビタミンとも言われているのがビタミンDです。

このビタミンDは、カルシウムを定着させてくれる働きがあるので骨を強くしてくれることで有名ですが、その他にも、ガン予防や、心臓病、脳卒中、認知症、花粉症、アトピー性皮膚炎などにも効果があると言われています。

シイタケ菌糸体

もともと太陽の光を浴びる日光浴によってビタミンDは形成されるのですが、紫外線を嫌う人が多くなっているため、ビタミンD不足により、慢性疾患に悩んでいる方はとても多いようです。

このビタミンDは、1日一回の日光浴でも十分効果がありますが、冬など天気が悪い時などは、サプリを上手に利用するのも一つの方法です。

そのサプリの一つとしてシイタケ菌糸体は有効活用することができます。

シイタケ菌糸体が期待できる効果

実際にシイタケ菌糸体エキスの効果については多くの研究機関から報告がありますが、特に有名なのは免疫力アップです。

その一つとして抗がん作用や、抗ウイルス作用に効果があるとして一部の医療機関では臨床でも利用されているほどです。

シイタケ菌糸体

そのため、病気をこれ以上悪化させないために、そして、病気予防のために、さらに再発防止のために多くの人がシイタケ菌糸体を飲まれていらっしゃいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする