インターフェロン療法を断ってシイタケ菌糸体エキスを飲み始める

シイタケ菌糸体 口コミ

数年前に、左眼白内障の手術を受けた時に、
術前の検査でC型肝炎だとわかりました。

毎年人間ドックを受けた後、
GOT、GPTの数値が高いという指摘はうけていましたが、
その頃は肝炎の「か」の字もわからず、そのまま放置していました。

ただ、今回、医師からC型肝炎を放置しておくと
やがて肝硬変になり、肝ガンに発展するとはも言われて
自分でも驚きました。

白内障を手術したあと、ガンの病院に50日ぐらい入院して
インターフェロンの治療をうけてみないか?
治療は30%ぐらいの効果しか見込めないけど…

というふうに先生にいわれまたが、
勤めの関係で、長期入院はできませんでしたし、
数値も異常な高さではなかったので、
以前の担当医のところで再検査を受けました。

が、その医師にもインターフェロンを強く薦められました。
インターフェロンをしたくないという理由に副作用が強いというのがありました。
そこで漢方薬を飲み始めて治療を始めました。

しかしながら、その後過労とストレスで肝機能数値が徐々に高くなって
時々100を越えたりしていました。
不安な毎日で過ごしていた時に、シイタケ菌糸体に出会いました。

その結果80〜90あった数値が2週間後には70台に下がり
6ヶ月後には50〜40台を前後して、

1年後には40台にまで下がりました。

そして2年後は30台と正常値に戻りました。

このようなわけで私はシイタケ菌糸体エキスさまさまで
今後も一生飲み続けて行こうと思っています。
あの時、インターフェロンの治療を受けていたら副作用などで
苦しんでいただろうなと思います。

それを思うと背筋がぞっとします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする