シイタケ菌糸体エキスの選び方3つのポイント

シイタケ菌糸体と一言で言っても、いろんな種類のものがあります。
意外と、シイタケ菌糸体と表記されているのに、成分表には、いろんなものが書かれている。

シイタケ菌糸体は、免疫力などの面からも一目おかれているので、シイタケ菌糸体をちょっといれても表記を大きく書いているパッケージがあります。

では実際、シイタケ菌糸体を選ぶポイントは?というと3つのポイントがあります。

シイタケ菌糸体エキスを選ぶ3つのポイント

① 成分表に余計なものが書かれていないか。

先ほども書いたように、シイタケ菌糸体とパッケージに書かれていても、いろんなものが入っていて成分表にはたくさん別のものが書いてある場合があります。

ぜひとも、シイタケ菌糸体の成分表をチェックして、内容をきちんと見てみましょう。

② 飲み続けられる値段か。

シイタケ菌糸体は、薬ではありません。
だから、

どのシイタケ菌糸体でも飲んで次の日に体がよくなる!

ということはないんです。

人間は、約60兆個もの細胞によって構成されています。
そして、一日あたり約7000億個もの細胞が絶えず生まれ変わっています。

細胞の代謝周期は、それぞれの器官で違いますが、脳細胞と心筋細胞以外は、約2日から90日で入れ替わります。

そう考えると、せめて3ヶ月は飲み続けたいもの。

最初に、気合いをいれて飲むのも大事なのですが、それを続けていくことはもっと大事です。

② 毎日飲める飲みやすさか。

飲み続けられる値段と先ほど書きましたが、飲み続けられる飲みやすさというのも大事になってきます。

良薬口に苦しとは言いますが、やはり飲みにくいのはなかなか手が出ません。

同じシイタケ菌糸体でも、味や、飲みやすさは全然違います。

中には、後味が悪くて、何度水を飲んでもなかなか飲み込めないものも実際あり、苦労した覚えがあります。

シイタケ菌糸体のお試しなどをしているところであれば、ぜひまずはお試しで飲めるかどうかを確認してほしいです。

>>  1080円でシイタケ菌糸体のお試しができます

シイタケ菌糸体は、どれも安いものではありません。

だからこそ、結局飲めなかった・・・と無駄なお金をあなたに使って欲しくないと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 持木 より:

    シイタケ菌糸体に興味を持ってホームページをいくつか見てました。
    なかでも小林製薬のシイタケ菌糸体が、大きな製薬会社なので安心かなと思い、購入を検討しているところです。
    何かアドバイスがあったら、頂ければと思ってコメントさせて頂きました。
    よろしくお願いします。

    • kinsitai より:

      小林製薬のシイタケ菌糸体は飲みにくいと評判で
      私も飲んでみたことがあるのですが、
      口の中に残る感じでした。
      もしお試しなどがあればまず試されて
      続けられるかどうかを検討された方がいいと思います。
      シイタケ菌糸体も一つの食品。
      薬ではないので長く飲み続けることが大事だと思います。